札幌市立伏見中学校/前田中学校/柏丘中学校いじめ自殺・札幌市教育委員会の場合
(PTA組織の解体・余話
PTA組織の解体・余話―3−1

PTA組織の解体・余話―3−2

PTA組織の解体・余話―3−3

PTA組織の解体・余話―3−4
PTA組織の解体・余話―3−5
PTA組織の解体・余話―3−6
 
PTA組織の解体・余話―3−7
PTA組織の解体・余話―3−8
PTA組織の解体・余話―3−9
PTA組織の解体・余話―3−10
PTA組織の解体・余話―3−11
PTA組織の解体・余話―3−12
PTA組織の解体・余話―3−13
PTA組織の解体・余話―3−14
PTA組織の解体・余話―3−15
 
 
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体・続続々へ

PTA組織の解体1へ   

 


札幌市立伏見中学校/前田中学校/柏丘中学校
いじめ自殺・札幌市教育委員会の場合
(PTA組織の解体・余話―3−1

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】


● 札幌市立伏見中学校/前田北中学校/柏丘中学校
いじめ自殺・札幌市教育委員会の場合
「PTA組織の解体-6・余話3-1」
 2012年「札幌市のPTAは自動入会です。」とか動画で口走った札幌市PTA協議会会長:山本清和氏が、あるテレビ番組で「入退会自由」を公式に発表した札幌市立札苗小学校PTAを指して「他のPTAや中学校のPTAと軋轢を作っていると聞いています。」とか、ニヤケながら(私の目にはそう映った)語っているのが放映されていた。
 どうしてこんな軽率な人間が、10区300ほどの小中学校と市立幼稚園PTAの頂点である「札幌市PTA協議会」の会長を務められているのかが実に不思議であったが、5月の札
苗小PTA会長:上田隆樹さんのブログで「札幌市PTA協議会会長退陣」の記事が公開された。
 権力闘争の末に手に入れた会長の椅子だったと聞いているので『あれ〜? 案外さっぱりした性格なのかもね〜…』と思ったりしたが、2013年4月下旬に朝日新聞に掲載された記事「PTA改革、憲法の視点から/木村草太(首都大学東京准教授)」のネット情報
(これも上田隆樹さんのブログから承諾を得て借用)を添えて送りつけていたので、私の行動をよく知っている教育委員会&市議会ウオッチャーの知人は「記事がこたえたんじゃないの?」とか感想をもらしていた。


 札幌市PTA協議会会長:山本清和氏(今となっては前PTA協議会会長だが)「札幌市のPTAは自動入会です。」には全国からクレームが殺到し、ネットチャンネルは一時動画公開をストップしたらしい。個人的にはただ「アホ(!)」としか言いようの無いことだったが、「他のPTAや中学校のPTAと軋轢を作っていると聞いています。」発言は「アホ」と言って捨て置けないものがある。


 別にPTAに限らず、自らの組織(会社でも宗教団体でも政治結社でも)が「組織内での発言(表現)が軋轢を作った」と情報を得たとき、組織の長として「軋轢を作っていると聞いてる」発言ですませられることとだろうか。
 山本清和氏は「権力闘争で会長の座についた」と手持ちの資料にあるが、権力闘争をおこしたほどの人物が「軋轢がある」ことを「他人事のように」口走るのは何故だろう。権力が失墜する可能性もあるはずだが、私の目にニヤケながら語ったとしか見えなかったのには何か「企み」があるように思えてならなかった。
 「軋轢は大した問題ではない」と余裕を見せた可能性もあるが、私にはメディアを巧みに利用した「単位PTAに向けて軋轢を作れ」というメッセージとの考えを払拭できない。


 違うでしょう(!)。組織の長であれば「軋轢を作ってはいけない」と言うべきであ
り、「できるだけ単位PTAの決定・運営を尊重するように」との姿勢を示すべきではないでしょうかね〜。…まあ、あの人格には難しいでしょうけど、前札幌市教育長:北原敬文氏は議会の答弁で「入退会自由は単位PTAが決めること」と言っている以上「軋轢」の生じる(あるいは生じさせて良い)問題ではないはずである。


 …札幌市PTA協議会会長:山本清和氏は、「軋轢」を生じさせ保護者や学校現場に混乱を起そうと考えていたのかも知れない。勿論目的は「自動入会堅持」だろう。


 そう思えてならなかったので、昨年4月下旬事務局長:早藤氏宛に前述、「PTA改革、憲法の視点から/木村草太(首都大学東京准教授)」記事を添付で、以下のようなメールを送りつけた。


差出人: 􀀏hirasa-quit@mbm.nifty.com
􀀏 件名: 􀀏 ご無沙汰しております。
􀀏 日時: 􀀏 2013年4月24日 11:11:16:JST
􀀏 宛先: 􀀏shipikyo@sapporo-pta.gr.jp


札幌市PTA協議会
事務局長:早藤􁴕様


ご無沙汰しております。
「PTA組織の解体」の平佐です。
相変らず「自動入会」という詭弁を使い「任意団体の基本である入会確認」もとらずに組織運営をされていますね。
札苗小PTAに関するUHBテレビにて、「中学校(PTA)と軋轢を作っていると聞きますよ。」との山本氏のコメントは「軋轢を作って良い」というメッセージでもありましょうか?軽薄そのものの発言ですね。組織の長としては「軋轢を作っていると聞きますが、(前)教育長も入退会自由は単位PTAの判断によると議会で答弁していますから、軋轢は作らないように指導したい。」くらいにならないとボスの才覚はないと判断されますよ。


すでにご承知と思いますが、昨日の朝日新聞記事PDFを添付しました。
そろそろ「札幌市のPTA運営は、保護者も教師も任意加入を前提にします。入会意思確認をしない単Pは、札幌市PTA協議会への加入資格を取得できません。」くらいのことを表明されては如何ですか?
このままでは「軋轢」どころか、「札幌市外郭団体」名を使わせてもらっている教育委員会からも疎んじられるようになりますよ。
…近い将来に「解体」の憂き目にあうかも知れませんね。


平佐 修
hirasa-quit@mbm.nifty.com
(続)
 

 

 



             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com

PTA組織の解体