札幌市立伏見中学校/前田中学校/柏丘中学校いじめ自殺・札幌市教育委員会の場合
(PTA組織の解体・余話
PTA組織の解体・余話―4−1

PTA組織の解体・余話―4−2

PTA組織の解体・余話―4−3

PTA組織の解体・余話―4−4
PTA組織の解体・余話―4−5
PTA組織の解体・余話―4−6
 
PTA組織の解体・余話―4−7
PTA組織の解体・余話―4−8
PTA組織の解体・余話―4−9
PTA組織の解体・余話―4−10
PTA組織の解体・余話―4−11
PTA組織の解体・余話―4−12
PTA組織の解体・余話―4−13
PTA組織の解体・余話―4−14
PTA組織の解体・余話―4−15
PTA組織の解体・余話―4−16
PTA組織の解体・余話―4−17
PTA組織の解体・余話―4−18
PTA組織の解体・余話―4−19
PTA組織の解体・余話―4−20
PTA組織の解体・余話―4−21
PTA組織の解体・余話―4−22
PTA組織の解体・余話―4−23
PTA組織の解体・余話―4−24
PTA組織の解体・余話―4−25
PTA組織の解体・余話―4−26
PTA組織の解体・余話―4−27
PTA組織の解体・余話―4−28
PTA組織の解体・余話―4−29
PTA組織の解体・余話―4−30
PTA組織の解体・余話―4−31
PTA組織の解体・余話―4−32
PTA組織の解体・余話―4−33
PTA組織の解体・余話―4−34
PTA組織の解体・余話―4−35
PTA組織の解体・余話―4−36
PTA組織の解体・余話―4−37
PTA組織の解体・余話―4−38
PTA組織の解体・余話―4−39
PTA組織の解体・余話―4−40
PTA組織の解体・余話―4−41
PTA組織の解体・余話―4−42
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体・続続々へ

PTA組織の解体1へ   

 

PTA組織の解体7-余話4-28

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】


PTA組織の解体7-余話4-28
「いじめ自殺・札幌市教育委員会の場合〜札幌市の官製談合」

【上田市長宛「意見書」-3】

4、 本件に関する札幌市監査委員の適格性

 前述【陳述中止の経緯-3】にあるように、理不尽とも横暴とも言い得る窪田監査委員の言動は「本件監査の資格を有する者としては不適格」であり、「第1部決算特別委員会で承認票を投じた勝木・三浦監査委員も監査を行う資格に不適である」と判断せざるを得ませんでした。
 独任:藤江正祥氏は、【経緯-3】で記したように副市長:井上唯文氏に代弁させるよう な、職責を認識できない名ばかりの「独任」であることが証明されていますので「監査委 員としては不適格」であると考えざるを得ません。 以上の理由で「個別外部監査請求」を重ねて要求したものです。

 なお、私たち「市民の会」には、「札幌市の弁護士」に相談を持ちかけたところ、折衝 相手の弁護士に相談内容を伝えられてしまうという苦い経験を持つ会員がおり、本件に関 する住民訴訟の相談をしたある弁護士は「市長と知り合いなので引き受けられない」との 対応があったりしたため、時間的なこともあり住民訴訟は断念したことを書き添えます。

5、市民まちづくり局地域振興部区政課の「不適正な契約について」 記者会見で発生する新たな疑惑- 1

 記者会見資料によると「アイヌ文化交流センター」オープンの平成15年は上田文雄氏が市長に就任した年であり、「事前に監修をしてもらう慣行があった」とされるアイヌ協会が上田文雄新市長に「クルーズ重用の働きかけ」をした可能性が濃厚です。 平成26年12月25日午前の「市民町づくり局地域振興部区政課の記者会見はなぜ行われたか」は小さくない疑問があります。
部課長職が1つの案件を処理するには、複数の中間管理職・事務員の「目」を経なけれ ばなりません。「アイヌ文化センターパンフレット作成業務」では「5人の担当職員の印」が押されていますが、最上決済者役職は「課長」となっているため、不正な契約に於ける処分は「課長以下」について検討されていると考えられますが、最も責任の大きい役職は
議会での答弁を行った長谷川生活部長」であると考えます。

 「契約事務ハンドブック1(物品等・管理編)47ページ~55ページ:印刷物発注の 手引(財政局契約管理課)」をマニュアルとして書類を作成しなければならない事務職が 「全員疑問を感じなかった」と考えることは不可能であり、「一般職員の疑問を封じ込め る圧力は、係長・課長・部長より上のレベルからかかった」と考えるのがもっとも自然です。
 札幌市の内部調査による「不正な行為が行われた経緯」には以下の事情説明があります。

@オープンに向けた調整が難航していた
A推薦してきたのが調整の相手方だった
Bクルーズ社に発注す︎ば作成す︎印刷物に関す︎アイヌ協会の監修がスムーズになさ︎こ とが期待さ︎た

<1〜3に対す︎疑問>

 調整が難航していた理由が不明ですが、「アイヌ協会が難航の原因であり、アイヌ協会が紹介するクルーズ社を受け入れることでアイヌ協会の監修がスムーズに行われた」と受け取れることは、「アイヌ協会の言いなりになって不正な競争入札を行った」と言っていることに他なりません。
 この疑問については今年2月20日の市民財政委員会において共産党:宮川議員が質問 を行っておられますが、「3今後の対応」に「関係機関と協議の上適切に対処する方針」 である旨の記述はありますが、宮川議員が追求するとおり曖昧なものでマスコミ記者会見内容としては甚だ不足な内容です。
 しかし「アイヌ協会の言いなりになって不正な競争入札を行った」とすれば一大スキャンダルと言って差し支えなく、「関係機関と協議する方針」であるから舌足らずな記者会見内容になったのであれば「怠る事実」とか「市民に対して不誠実」として批判されざるを得ないでししょう。

 全く、1つ1つ監査委員とは思えない「アイヌ協会やクルーズ社の顧問弁護士のような言動である」と言うよりしょうがない監査委員ですが、窪田氏が監査委員に就く(平成 21年就任より)はるか前からの「慣行に疑問も持てない(持とうとしない)監査委員」 であることにはそれなりの理由があったはずです。
 また、長谷川生活部長及び前任者が「アイヌ文化交流センター」設立時の業務事情を今日にまで引き継ぐ課長以下の関係職員に対して問題を指摘しなかったことや、反対に課長以下の関係職員が上司に対して疑問を提示しなかった怠慢を12年も続けて来たことも、如何に「慣行に無批判な公務員」としても非常に考えづらいことです。

 「慣行を疑問視あるいは批判しない」ことに対する最も自然な解釈は、「疑問視することをタブーとする認識を定着させる力学が作用した」と考えることです。
 契約内容・金額から考えても部署移動せざるを得ない部課長クラスの役職では「疑問視をタブーとするメリット」はなく、それは「部課長以上のポストにおいて働いた力学」であり、「事務職員にとって抗し難い力を持つ存在の意向が伝えられた」としか考えられません。
 まして監査委員に「目こぼし」をさせられるほどの権力者は多いはずもありません。

6、市民町づくり局地域振興部区政課の「不適正な契約について」記者会見で発生する新たな疑惑-2


 さらに記者会見資料「不適正な契約について」に添付された「別紙 3アイヌアートモニュメント紹介リーフレット制作業務(26年度)」にもいくつかの疑問があります。

 私たち「市民の会」が独自に入手した「アイヌアートモニュメント紹介リーフレット制作業務」資料には「中西印刷の宛名、日付のない見積書」があります。それが何を意味するかは契約事務に携わった職員にしか解らないことです。
 また記者会見資料「不適正な契約について」添付の「別紙 3契約の状況」には私たち「市民の会」が入手できないでいた平成26年度の契約内容も記載されていますが、私たちが新たに入手した公文書によると「クルーズ社は入札既定業者」とされ、パンフレット作成入札手続きと同様「起案書」作成の1ヶ月ほど前に「クルーズ社の見積書」を得ており、その「見積金額が入札価格」となっているのです。
 この点について「住民監査請求(平成26年度第1号請求)に係る監査の結果について」には曖昧な記述しかありません。

 なぜ市民町づくり局は「不適正な具体的契約内容」を明確にして記者会見を行わなかったのでしょう。
 おそらく「アイヌ協会、クルーズ社、上田市長の関係を語られることを嫌った」からであり、窪田監査委員(弁護士)がなりふり構わず「法」の横やりを押し通そうとする言動 にもなったと考えられます。
 平成15年は「アイヌ文化交流センター」がオープンした年であると同時に、再選挙の末「上田氏市長が就任された年」でもあります。
 左派系市長が「左翼の権化アイヌ協会(平佐の私感)」と浅くない関係にあることは予 想できることであり、「市長の一声」があれば部課長はもとより一般職員も「慣行」として口を閉ざすことに疑問はありません。
 長年管理職におさまってきた者が、職責や名誉と引き換えに「金品の授受もなく、自主的にたかだかの金額の不正な契約事務を黙認する」などあるはずがありません。

 また「不適正な契約について」資料には「クルーズはアイヌ関係出版に実績のある会社」とされていますが、当時はたった2冊のアイヌ関係書籍しか出版していません。
 資料では「アイヌ協会がクルーズ社を推薦」とありますが、アイヌ協会が「札幌市のアイヌ施策」に干渉した可能性は新たな問題を生みます。
 「クルーズはアイヌ関係出版に実績のある会社」とアイヌ施策課職員に勘違いさせたのは、クルーズ社から著書を出版されていた上田市長ご自身ではありませんか?
(続)

PTA組織の解体