札幌市立伏見中学校/前田中学校/柏丘中学校いじめ自殺・札幌市教育委員会の場合
(PTA組織の解体・余話
PTA組織の解体・余話―4−1

PTA組織の解体・余話―4−2

PTA組織の解体・余話―4−3

PTA組織の解体・余話―4−4
PTA組織の解体・余話―4−5
PTA組織の解体・余話―4−6
 
PTA組織の解体・余話―4−7
PTA組織の解体・余話―4−8
PTA組織の解体・余話―4−9
PTA組織の解体・余話―4−10
PTA組織の解体・余話―4−11
PTA組織の解体・余話―4−12
PTA組織の解体・余話―4−13
PTA組織の解体・余話―4−14
PTA組織の解体・余話―4−15
PTA組織の解体・余話―4−16
PTA組織の解体・余話―4−17
PTA組織の解体・余話―4−18
PTA組織の解体・余話―4−19
PTA組織の解体・余話―4−20
PTA組織の解体・余話―4−21
PTA組織の解体・余話―4−22
PTA組織の解体・余話―4−23
PTA組織の解体・余話―4−24
PTA組織の解体・余話―4−25
PTA組織の解体・余話―4−26
PTA組織の解体・余話―4−27
PTA組織の解体・余話―4−28
PTA組織の解体・余話―4−29
PTA組織の解体・余話―4−30
PTA組織の解体・余話―4−31
PTA組織の解体・余話―4−32
PTA組織の解体・余話―4−33
PTA組織の解体・余話―4−34
PTA組織の解体・余話―4−35
PTA組織の解体・余話―4−36
PTA組織の解体・余話―4−37
PTA組織の解体・余話―4−38
PTA組織の解体・余話―4−39
PTA組織の解体・余話―4−40
PTA組織の解体・余話―4−41
PTA組織の解体・余話―4−42
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体・続続々へ

PTA組織の解体1へ   

 

PTA組織の解体7-余話4-34

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】

PTA組織の解体7-余話4-34
「いじめ自殺・札幌市教育委員会の場合〜札幌市の官製談合」


 昨年(平成27年)11月12日、「監査結果」が送られてきた。
 今年(平成 28 年)3月 25 日に発表された
「報道資料 アイヌ施策課における不適正な事務処理に係る告発の結果について」pdfを添付しますが、本件の経緯をご覧いただいた後に、二つの「結果」について、監査請求をした「市民の会」として考えられる「疑問点」を加筆しておきます。


【監査請求の流れ】


⑴「金子議員の市議会質疑」(動画)平成26年10月23日
https://www.youtube.com/watch?v=p4bSRqnucac

⑵「札幌市職員措置請求書(個別外部監査)」提出 平成26年11月12日

⑶「札幌市職員措置請求書」受理 平成26年12月17日
 *「個別外部監査」は棄却

⑷「札幌市職員措置請求書の補正」提出 平成26年12月2日

⑸「住民監査請求に伴う陳述」 平成27年2月13日

⑹「意見書」を札幌市長・市議会各会派に送る 平成27年4月21日

⑺「札幌市職員3名とクルーズ関係者を告発」 平成27年4月25日

⑻「提言・要望書」を北海道知事に送る 平成27年6月12日

⑼「アイヌ施策課における不適正な事務処理に係る告発の結果について」(札幌市発表)
(「道警の捜査」に基づく札幌市発表職員処分)    平成28年(2016 年)3月25日


 報道機関各社 様          
  平成 28 年(2016 年)3月 25 日(報道資料/*赤文字部分は平佐の加筆部分)


【アイヌ施策課における不適正な事務処理に係る告発の結果について】-1

 市民まちづくり局市民生活部アイヌ施策課の委託契約に係る事務において、不適正な契約事務処理が行われていたことに関して、北海道警察本部に告発をしておりましたが、この度、その結果の通知があり、関係職員に対する処分を行いましたので、御報告いたします。

*「北海道警察の捜査結果(札幌市への報告)」内容が報告されていないので、札幌市の「報告」が適正なものかどうかの判断はできない。

 市民の皆様の信頼を大きく損ねましたことを、改めて深くお詫び申し上げますとともに、今後の再発防止対策はもちろんのこと、信頼回復のため努力してまいります。

1 告発結果について
  本市が告発した@平成 25 年3月8日にクルーズ社と契約した「人権啓発用ノート 作製業務」、A平成 26 年8月 15 日にクルーズ社と契約した「アイヌアートモニュメント紹介リーフレット制作業務」の2件につきましては、平成 28 年2月 25 日付けで、札幌地方検察庁から、不起訴処分とした旨の通知が送付されました。
*不起訴が「2件」であるとの発表からは「起訴された別件」があるはずで、いったい「不適正な事務処理」への「起訴件数」と「起訴内容」がどのようなものであったかがこの報道資料ではわからない。
メディアの多くは「小さな事案」として考えているようだし、記者たちも「記事になるかどうかわからない事案」について深く掘り下げようとはしない。そのようなメディアの姿勢が「札幌市の談合体質」を助長してきた。特に北海道新聞は、市役所上層部の「特定な存在」の意向に沿った記事の扱いをしているふしがある。

2 不適正な契約事務処理の内容について

  今回の不適正な契約事務処理の概要は、次のとおりです。
 (1) アイヌ施策課の職員が、クルーズ社と契約することを前提として、クルーズ社の社員に対し、業務を行う予定である旨を連絡
 (2) この連絡を受けたクルーズ社の社員が自社の見積書(入札書)と他の被指名業者 の見積書(入札書)を持参
(3) クルーズ社の社員が持参した見積書(入札書)に基づき、アイヌ施策課の職員が、札幌市とクルーズ社の契約事務を行い、契約を締結

*(1)〜(3)の内容など、市役所内の然るべき部署(監査事務局でも)の調査で判明させられるはずである。
後掲「監査結果」には「職員が聞き取り調査に応じない」との監査委員の泣き言があるが、「強制力」のない監査制度など無用の長物であり、「札幌市職員の分限及び懲戒に関する条例」ほか数々の職務規程・規則が定められている。この程度の「事務処理内容」を解明するのに警察を頼らなければならない理由が見つからない。

【札幌市職員の分限及び懲戒に関する条例】
http://www.city.sapporo.jp/ncms/reiki/d1w_reiki/326901010035000000MH/
326901010035000000MH/326901010035000000MH.html

【契約関係規程類】

http://www.city.sapporo.jp/zaisei/keiyaku-kanri/seido/kitei/kitei-index.html

北海道警察にわざわざ「告発」したことには、明らかにしていない「ワケ」があるのではないか。
(続)

PTA組織の解体