続×4􁴕「PTA組織の解体
続×4􁴕「PTA組織の解体 -1

続×4􁴕「PTA組織の解体 -2

続×4􁴕「PTA組織の解体 -3

続×4􁴕「PTA組織の解体 -4
続×4􁴕「PTA組織の解体 -5
続×4􁴕「PTA組織の解体 -6
 
続×4􁴕「PTA組織の解体 -7
続×4􁴕「PTA組織の解体 -8
続×4􁴕「PTA組織の解体 -9
続×4􁴕「PTA組織の解体 -10
続×4􁴕「PTA組織の解体 -11
続×4􁴕「PTA組織の解体 -12
続×4􁴕「PTA組織の解体 -13
続×4􁴕「PTA組織の解体 -14
続×4􁴕「PTA組織の解体 -15
続×4􁴕「PTA組織の解体 -16
続×4􁴕「PTA組織の解体 -17
続×4􁴕「PTA組織の解体 -18
続×4􁴕「PTA組織の解体 -19
続×4􁴕「PTA組織の解体 -20
続×4􁴕「PTA組織の解体 -21
続×4􁴕「PTA組織の解体 -22
続×4􁴕「PTA組織の解体 -23
続×4􁴕「PTA組織の解体 -24
続×4􁴕「PTA組織の解体 -25
 
 
 
 
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体・続続々へ

PTA組織の解体1へ   

 


続×4􁴕「PTA組織の解体 -17」
 

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】

続×4􁴕「PTA組織の解体 -17」
【添付ファイル「いじめに対する意見書」-7】添付「マスコミリーク文書」-4
●7月6日(金)
 学校から「教育委員会からの連絡をお伝えしたい」との電話があったが、「仰りたいことがあれば直接連絡をするべきで、お聞きしないことにします。」と拒否。
 教育委員会に「13-手稲宮丘小児童保護者:平佐です。-PDF」を送信。
差出人: 平佐 修 <hirasa-quit@mbm.nifty.com>
件名: 手稲宮丘小児童保護者:平佐です。
日時: 2012年7月6日 10:35:20:JST
宛先: 札幌市教育委員会􁴕指導室 <kyoiku-shido@city.sapporo.jp>
1 個の添付ファイル、63.8 KB
札幌市教育委員会􁴕指導室
名無し􁴕様
学校長を「連絡係」とすることはお止めください。
私に伝えなければならないことがあれば、直接「メールで連絡」してください。
電話は受け付けません。
校長からご連絡を受けて「伝聞はしない」とお伝えして1時間。
すでに私に伝えることは決まっているはずですが、未だにご連絡いただいていませんね。
「平佐は無視する」でも「いじめには対処しない」でも、内容は何でもかまいません。
教育長にまで上げないうちに対応することが、職員であるあなた方の役割です。
このままでは、「全市立小中学校への通知」も視野に入れて考えなければならないと思ってます。
もちろんそのときには、議会も動いていただくことになります。
「いじめ」に対しては「迅速&適切」を念頭におくことを心がけることです。
西区P連会長に宛てたメール(PTA協議会にも送付済み)PDFを、ご参考までに添付します。
平佐 修
hirasa-quit@mbm.nifty.com
●7月9日(月)
 教頭から息子に対する聞き取りをしたい旨電話があったが、危険性のあることを承知で「いじめ対象者の特定をしない」約束をさせた上承諾した。
 息子が「先生からいじめた子の名前を聞かれた。そのあと、となりの子が先生に呼ばれたみたい。」と報告を得、教育委員会に「10-苦情です。-PDF」を送信。校長宛に「参考-3-校長質問状7/10-PDF」を送信。
差出人: 平佐 修 <hirasa-quit@mbm.nifty.com>
件名: 苦情です。
日時: 2012年7月9日 18:00:08:JST
宛先: 札幌市教育委員会􁴕指導室 <kyoiku-shido@city.sapporo.jp>
札幌市教育委員会􁴕指導室
名無し􁴕様
前略。
本日子どもが帰宅し、担任から「いじめの当事者を特定させる行為を受けた」と報告をうけました。
教育委員会の指示によるものと理解し、今後いじめは更にエスカレートする可能性が高いことを忠告いたします。
責任は教育委員会にあると判断し、マスコミにリークすると同時に、議会に取り上げていただく方向で動くことにいたします。
忠告したとおり、教育委員会には「いじめ」を解決する能力がないことを申し上げ、学校からの報告は拒否することをお伝えしておきますので、できるだけ早くに「息子に当事者の特定をさせた理由を、担当者名明記の上」のご報告を要求いたします。
平佐 修
hirasa-quit@mbm.nifty.com
●7月10日(火)
 教育委員会指導室より「11-平佐修様-PDF」が着信。極めて問題意識の不足な通信内容
だったので「12-Re_ 平佐修様-PDF」を送信。
差出人: 札幌市教育委員会􁴕指導室 <kyoiku-shido@city.sapporo.jp>
件名: 平佐􁴕修􁴕様
日時: 2012年7月10日 17:03:42:JST
宛先: '平佐 修' <hirasa-quit@mbm.nifty.com>
平佐􁴕修􁴕様
これまで連絡いただきました件については、学校と連絡を取り合い、相談しながら支援しているところです。学校におきましては、多くの目で子どもたちを見守り、学校体制で指導にあたっているところではありますが、お子さんの不安な気持ちを受け止め、今後の指導について相談させていただくためにも、学校に詳細をお伝えいただきますようお願いいたします.
いじめも含め、学校で起きた生徒指導上の問題については、日常的に子どもを見守り、その状況を把握している学校が対応することが原則であり、教育委員会といたましては、お子さんにかかわる学校の対応について、今後とも連携を図りながら支援してまいります。
􁴕また、先日も学校長を通じてお伝えしていたところですが、この件にかかわる御相談や御要望について、お目にかかり直接お話をうかがいたいたいと考えております。ついては、日時など、御都合をご連絡くださるようお願いいたします。
札幌市教育委員会􁴕指導室
(.211−3861)
差出人: 平佐 修 <hirasa-quit@mbm.nifty.com>
件名: Re: 平佐􁴕修􁴕様
日時: 2012年7月10日 20:54:05:JST
宛先: 札幌市教育委員会􁴕指導室 <kyoiku-shido@city.sapporo.jp>
1 個の添付ファイル、71.4 KB
札幌市教育委員会􁴕指導室
名無し􁴕様
メールのお手数感謝いたします。
相変わらずの無記名対応は、市民に対して非常な無礼であることを先ずお伝えしておきます。
折角のご返信ですが、教育委員会としての「誠意を汲み取れない」気持ちになっていることもお伝えしておきます。
> これまで連絡いただきました件については、学校と連絡を取り合い、相談しながら支援しているところで
> す。
> 学校におきましては、多くの目で子どもたちを見守り、学校体制で指導にあたっているところではありま
> すが、お子さんの不安な気持ちを受け止め、今後の指導について相談させていただく
> ためにも、学校に詳細をお伝えいただきますようお願いいたします.
学校へ伝えてどうなるのですか?
学校は「教師が学業を実行するところ」です。
教師に対し、「いじめ」などという余計な且つ面倒なことに時間を費やさせることは、「いじめ」に関わりない他の児童に対して「大きな損害」です。
また、教師の「いじめに対する認識」が極めて低い現状では、保護者が「誠意を持って対応していただいている」と感ずることはできません。
> いじめも含め、学校で起きた生徒指導上の問題については、日常的に子どもを見守り、その状
> 況を把握している学校が対応することが原則であり、教育委員会といたしましては、お子さんにかかわる
> 学校の対応について、今後とも連携を図りながら支援してまいります。
「支援」なのですか?􁴕保護者は、教育委員会に「支援」など望みません。
学校(校長)の対応・対処に「十全」を感じ取れれば、教育委員会などに持ち込むことはしないのです。
前述「教師の、いじめに対する認識が極めて低い現状」は教育委員会の責任であり、「教育委員会が対応・対処するべきである」と考えます。
個人的には「教育委員会にも、いじめに対する対応能力はない」と判断しておりますが、保護者としては「学校を統括する教育委員会が責任を持って対処するべき」であると考えます。
教育委員会は「教師(あるいは校長)にいじめに対する対処能力がある」と保証できますか?添付ファイルは今朝ほど校長にFAXした「質問状」です。
その中に「親子の信頼関係を損なう行為」に関する項目があります。
親子の信頼を考えもしない教師に「いじめに対する対処能力がある」と保証するなら、教育委員会が「親子の信頼関係を損なう方針である」と言わざるを得ません。
> 􁴕また、先日も学校長を通じてお伝えしていたところですが、この件にかかわる御相談や御要
> 望について、お目にかかり直接お話をうかがいたいたいと考えております。ついては、日時な
> ど、御都合をご連絡> くださるようお願いいたします。
また私に「出向いてこい」と仰るおつもりですか?
社会教育推進課に「出向いていただきたい」と言われて時間を作りましたが、全くの無駄足を踏まされまし
た。抗議をすると、だんまり戦術です。
教育委員会とはそれほどに「特別なところ(他の市役所職員の言葉)」と受け取っています。
そんな所に呼びつけられる必要を感じません。
どうぞ仰りたいことがあればメールでお伝えください。
「面談でなければ真意を伝えられない」などと幼稚なお考えであれば、教育委員会をなくしていただきた
い。私が「教育委員会との面談が必要」と考えましたらお出まし下さい。
私が教育委員会に出向くことはありません。
平佐 修
hirasa-quit@mbm.nifty.com
(続)

    ** 063-0034 札幌市西区西野4条9丁目4-38-201 **
    ** Tel&Fax 011-671-5363 **
    ** 携 帯 090-5229-6992 **
 


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com

PTA組織の解体