続×4􁴕「PTA組織の解体
続×4􁴕「PTA組織の解体 -1

続×4􁴕「PTA組織の解体 -2

続×4􁴕「PTA組織の解体 -3

続×4􁴕「PTA組織の解体 -4
続×4􁴕「PTA組織の解体 -5
続×4􁴕「PTA組織の解体 -6
 
続×4􁴕「PTA組織の解体 -7
続×4􁴕「PTA組織の解体 -8
続×4􁴕「PTA組織の解体 -9
続×4􁴕「PTA組織の解体 -10
続×4􁴕「PTA組織の解体 -11
続×4􁴕「PTA組織の解体 -12
続×4􁴕「PTA組織の解体 -13
続×4􁴕「PTA組織の解体 -14
続×4􁴕「PTA組織の解体 -15
続×4􁴕「PTA組織の解体 -16
続×4􁴕「PTA組織の解体 -17
続×4􁴕「PTA組織の解体 -18
続×4􁴕「PTA組織の解体 -19
続×4􁴕「PTA組織の解体 -20
続×4􁴕「PTA組織の解体 -21
続×4􁴕「PTA組織の解体 -22
続×4􁴕「PTA組織の解体 -23
続×4􁴕「PTA組織の解体 -24
続×4􁴕「PTA組織の解体 -25
 
 

平佐修.クラシカルギターウエブサイト

ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体・続続々へ

PTA組織の解体1へ   

 


続×4􁴕「PTA組織の解体 -21」
 

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】


続×4􁴕「PTA組織の解体 -21」
 食べたくなって行ったうどん屋で偶然目にした2012年8月9日(木)の読売新聞は
「いじめ問題」だけでなく「顔/ベンチャーズの名ギタリスト:ドン・ウィルソン(来日50周年)」「剣道日本一警官不起訴(児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕)」など興味深い記事がいくつもあった。
 とりわけ社説の「厳罰より支援の拡充が大切だ/発達障害判決」の司法に対する批判には、「裁判員裁判」の危険性を改めて感ずるとともに、一般社会においての「障害を持つ人への理解度の低さ」として「教育の責任」を強く感じざるを得なかった。
 札幌市長は「HIV」に大きな理解を示し、市長自ら「世界エイズデー:レインボーマー
チ」に足を向けるほどであるが、福祉政策には関心が薄いらしく、知的障害・発達障害など精神障害に対する認識度は極めて低い。
 話しが「いじめ」と関わりない方向へ行っていると感じられるかもしれないが、実は札幌市長の認識だけでなく、全ての自治体首長や教育委員の「認識度」は、読売新聞社説にあるとおり、「司法の認識」を含めて「いじめ」も「精神障害」も同じくらいに低いものなのである。
 もう一つ「札幌市教育委員会のいじめに対する認識度・問題意識の低さ、及び隠蔽体質」について、札幌であった「いじめ自殺事件」で指摘しておく。
 2010年(平成22年)11月に、札幌市立伏見中学校で「いじめ」にあった女子生徒が
自宅マンションから飛び降り自殺するという事件があった。
 残念ながら私はこの記事も事件も把握しておらず、知人からの記事内容提供と、読売新聞北海道支社への確認メール回答をもとに本稿を書いている。札幌市教育委員会にも「記者会見資料提供」を依頼しているが「なしのつぶて」である。
􁴕「女子生徒の遺書には、1年生の時に同級生だった生徒の名前を挙げて、クラスで配布物を回す際、「あなたからもらいたくない」と受け取りを嫌がられた経験が記されていたことが、関係者への取材で分かった。(11月24日付読売新聞記事より抜粋)」􁴕「女子生徒の遺書には、複数の実名を挙げ、1年生の時に無視されたり、「きもい」と言われたりしたなどと、いじめをうかがわせる記述があったが、女子生徒の遺族の意向で、調査では名前があった生徒自身に問いただすことはしなかった。遺族は、同市教委を通じて「学校は十分に配慮し、真剣に調査をしていただいたと思う。深く感謝している」とコメントした。(同)」とある。
 …? ちょっと待って下さいよ。「遺族の意向で、調査では名前があった生徒自身に問いただすことはしなかった」んですか? 私がした学校・教育委員会への「いじめ当事者の特定はしないで」という申し入れと似てませんか? ド〜して対応が私の場合と異なるんですか? ですが、これって、いじめた生徒を特定したことになりませんか? 「調査」は学校がしたんですか? それとも教育委員会がしたんですか? 「遺族」の「 学校は十分に配慮し、真剣に調査をしていただいたと思う。」から判断すると学校が調査をしたと受け取れますが、「学校(教師)に調査能力がある」と考えているんですね? どうして調査をした学校ではなく、調査をしてもいない(と受け取れる)教育委員会の記者会見なんですか? 「遺族」は自殺した生徒の「保護者」ですよね? それとも「遺族」と「保護者」は異なる認識なんですか?
 「いじめ問題への対応/札幌市教育委員会」には「いじめへの対応/1いじめについての事実確認」として「・いじめられている子どもの話しを基に、いじめている子どもからも事情を聞く。その際、なぜいじめに至ったのか、その要因についても把握して行くことが今後の指導のために大切である」と明記されている。
 自殺した女生徒の遺書は12手ページにも及んでいるというのに、なぜ遺族(保護者)の意向を優先して「いじめていた可能性のある生徒に問いただしをしなかった」んですか? 
遺族(保護者)から「遺書は考慮しなくても良い」旨の意思表示があったんですか? 
「遺書」は「いじめられている(た)子どもの話し」にはならないんですね? 「調査」に
あたった人たちは、 遺族(保護者) に「今後の指導のため」を説明したんですか? 遺族(保護者)が「今後の指導のため」を拒否したんですか? 私には、後述の遺族(保護者)が校長に託した「生徒達へのメッセージ(抜粋)」を見る限り「今後の指導のため」を拒否したとは考えずらいんですけどね。
 こんな「調査と言えないような調査」をしているから、「札幌市立前田北中学校男子生徒のとびおり自殺(2011年8月)」を防止できなかったんじゃないですか? 前田北中学校の件では「遺書」はなく、教育委員会は「陰口(いじめ)を言った生徒を指導し、改善したと記者会見で発表していた」のが嘘だったと読売新聞の報道にあるんですけど、調査とか指導とかは何のためにするんですか? あとでいくつも訂正を行うなど、自分たちの「責任逃れのためにしたりしなかったり」のように感じられるようでは、生徒やその保護者をコケにしているとしか言いようがありませんけど…。
 *読売新聞には「手稲区の市立中学」と記され、「前田北中学校」の記述はない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110903-00000025-yom-soci
 「いじめ問題への対応/札幌市教育委員会」には十数例の「いじめ事例」についての記述があるが、「自殺の事例」については記述がない。
 「自殺は想定外」で「ケースバイケースに対処」するんですか? これだけ「いじめ自殺」が頻発しているというのに、「場当たり」に過ぎはしませんか?
 私は、「いじめ自殺」は「校内暴力」と同じに「犯罪」と考えている。「いじめ問題へ
の対応/札幌市教育委員会」に軽々しく「事例」としていないだけましだと思うが、調査は「厳格」に行われなければならないと考える。そのためには、現状の教育委員会に調査をさせるのではなく、臨時に第三者による「調査委員会(人権委、警察を含む)」を立ち上げ、速やかに「調査結果」をまとめるべきであると考える。
 稿をあらためるが、この「いじめ問題への対応」は発行から3年以上経過しているというのに、教育委員会職員も学校教師も内容を把握しているとは思えない。
 私の息子の「いじめ」では、再三にわたって「校長から聞き取りの承諾」を乞われ、しぶしぶ(?)学校にも教育委員会にも「当事者の特定はしない」ことを前提に「息子に対する聞き取りだけ」を承諾した…息子に対してだけですよ。
 なのに、ド〜して私の息子に「いじめ」をしたクラスメートの名前を言わせ、当人にまで「問いただし(聞き取り)」をしたんですか? 息子が「自殺」していないからです
か? 私が「遺族」ではないからですか? 学校によって対応が異なるんですか? 伏見中はエエトコ家庭の子女が多いので(今は違うかも)対応を変えるんですか? それとも校長や教育委員会担当者の気分次第なんですか? 口やかましい私の息子に関する「いじめ」だから当事者特定をするんですか? 「PTAをいじめている私」の息子に関することだから「あてつけ」に私の意向に逆らうんですか?…ちょっとひがみっぽくなったかも…。
 限りなく「?」マークが浮かんでくる。札幌市教育委員会はそれくらい「その場しのぎ
に」保護者を軽視することを言ったりしたりする所なのである。
 …「いじめ」に関してだけでも「教育委員会無用論」を打ち立てられそうである。

 

    ** 063-0034 札幌市西区西野4条9丁目4-38-201 **
    ** Tel&Fax 011-671-5363 **
    ** 携 帯 090-5229-6992 **
 


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com

PTA組織の解体