続×4􁴕「PTA組織の解体
続×4􁴕「PTA組織の解体 -1

続×4􁴕「PTA組織の解体 -2

続×4􁴕「PTA組織の解体 -3

続×4􁴕「PTA組織の解体 -4
続×4􁴕「PTA組織の解体 -5
続×4􁴕「PTA組織の解体 -6
 
続×4􁴕「PTA組織の解体 -7
続×4􁴕「PTA組織の解体 -8
続×4􁴕「PTA組織の解体 -9
続×4􁴕「PTA組織の解体 -10
続×4􁴕「PTA組織の解体 -11
続×4􁴕「PTA組織の解体 -12
続×4􁴕「PTA組織の解体 -13
続×4􁴕「PTA組織の解体 -14
続×4􁴕「PTA組織の解体 -15
続×4􁴕「PTA組織の解体 -16
続×4􁴕「PTA組織の解体 -17
続×4􁴕「PTA組織の解体 -18
続×4􁴕「PTA組織の解体 -19
続×4􁴕「PTA組織の解体 -20
続×4􁴕「PTA組織の解体 -21
続×4􁴕「PTA組織の解体 -22
続×4􁴕「PTA組織の解体 -23
続×4􁴕「PTA組織の解体 -24
続×4􁴕「PTA組織の解体 -25
 
 
 
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体・続続々へ

PTA組織の解体1へ   

 


 

続×4􁴕「PTA組織の解体 -8」
 

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】


 

続×4􁴕「PTA組織の解体 -8」
 7月6日朝、校長から電話があり、「教育委員会からの連絡をお伝えしたい」との電話があったが「聞かないことにします」と拒否。言いたいことがあれば直接連絡するのが礼儀であろうと考え、すぐに苦情メールを送信した。
 大体校長を「アゴで使える」的に考えているようで腹立たしい。保護者にとっては「学校の最高責任者」であり、「教育委員会の言いなりになっている」と感じさせられること自体が不愉快である。
 札幌市教育委員会は「学校の管理」に責任を持たなければならないが、教師は「北海道教育委員会による任命」で在職している。「札幌市教育委員会の指示」には「全面的に従わなければならない理由はない」はずなのだが、なぜか年若な「札幌市教育委員会指導主事の指導」には抵抗できないものがあるらしい。おかしな構図である。
 「教師の軽視」「教師に対する不信感」「学校への不安」などは、このような市教育委員会の対応の拙さからも作られる。
 教育長を含む「教育委員」の資質・指導力の問題だろう。


差出人: 平佐 修 <hirasa-quit@mbm.nifty.com>
件名: 手稲宮丘小児童保護者:平佐です。
日時: 2012年7月6日 10:35:20:JST
宛先: 札幌市教育委員会􁴕指導室 <kyoiku-shido@city.sapporo.jp>
1 個の添付ファイル、63.8 KB
札幌市教育委員会􁴕指導室
名無し􁴕様
学校長を「連絡係」とすることはお止めください。
私に伝えなければならないことがあれば、直接「メールで連絡」してください。
電話は受け付けません。
校長からご連絡を受けて「伝聞はしない」とお伝えして1時間。
すでに私に伝えることは決まっているはずですが、未だにご連絡いただいていませんね。
「平佐は無視する」でも「いじめには対処しない」でも、内容は何でもかまいません。
教育長にまで上げないうちに対応することが、職員であるあなた方の役割です。
このままでは、「全市立小中学校への通知」も視野に入れて考えなければならないと思ってます。
もちろんそのときには、議会も動いていただくことになります。
「いじめ」に対しては「迅速&適切」を念頭におくことを心がけることです。
西区P連会長に宛てたメール(PTA協議会にも送付済み)PDFを、ご参考までに添付します。
平佐 修
hirasa-quit@mbm.nifty.com


 息子の「いじめられ」が急速に発展するとは考えていなかったが、大津の「いじめ自殺」事件ニュースを見ている息子の表情が気になり、取りあえず学校の対処に対する批判を教育委員会と教育長に伝える必要があると考えメールを送信しておいた。


差出人: 平佐 修 <hirasa-quit@mbm.nifty.com>
件名: 苦情です。
日時: 2012年7月9日 18:00:08:JST
宛先: 札幌市教育委員会􁴕指導室 <kyoiku-shido@city.sapporo.jp>
札幌市教育委員会􁴕指導室
名無し􁴕様
前略。
本日子どもが帰宅し、担任から「いじめの当事者を特定させる行為を受けた」と報告をうけました。
教育委員会の指示によるものと理解し、今後いじめは更にエスカレートする可能性が高いことを忠告いたします。
責任は教育委員会にあると判断し、マスコミにリークすると同時に、議会に取り上げていただく方向で動くことにいたします。
忠告したとおり、教育委員会には「いじめ」を解決する能力がないことを申し上げ、学校からの報告は拒否することをお伝えしておきますので、できるだけ早くに「息子に当事者の特定をさせた理由を、担当者名明記の上」のご報告を要求いたします。
平佐 修
hirasa-quit@mbm.nifty.com
差出人: 平佐 修 <hirasa-quit@mbm.nifty.com>
件名: 教育長へ転送お願いいたします。
日時: 2012年7月10日 0:12:20:JST
宛先: 札幌市􁴕市民の声を聞く課 <iken@city.sapporo.jp>
9 個の添付ファイル、1.4 MB
札幌市市長政策室広報部
市民の声を聞く課:宇賀治􁴕努􁴕様
お早うございます。
度々お手数をおかけしておりますこと感謝申し上げます。
このメールと、添付ファイルを教育長に転送をお願いいたします。
後日教育長に面談を申し込む所存ですので、宇賀治様への転送依頼文面もそのままに転送をお願いいた
します。
平佐 修
hirasa-quit@mbm.nifty.com
札幌市教育委員会
教育長:北原􁴕敬文􁴕様
前略。
過日、市民の声を聞く課を通じて「PTA組織の解体-余話」を届けさせていただいた者です。
先月来、息子に対する「いじめ」を教育委員会担当部署に通知しておりますが、教育委員会から指示されたと考えられる「学校の対応」に疑問を感じたため、本件をマスコミにリークする判断をせざるを得なくなったことをお知らせいたします。
添付ファイルはマスコミにリークする教育委員会とのメール交信内容と、学校側に通知した連絡のPDFファイルです。
教育委員会担当部署は、私に対して「全面対抗」を表明したと受け取れますので、今後の成り行き次第ではマスコミ対応と議会での答弁を要求される可能性があるとお考えください。
後日担当部署に、「教育長との面談」を申し込むつもりでおりますのでご承知おき下さい。
平佐 修
hirasa-quit@mbm.nifty.com
 教育長が「始末しろ」くらいの指示を出したらしく、ようやく返信メールが来た。
差出人: 札幌市教育委員会􁴕指導室 <kyoiku-shido@city.sapporo.jp>
件名: 平佐􁴕修􁴕様
日時: 2012年7月10日 17:03:42:JST
宛先: '平佐 修' <hirasa-quit@mbm.nifty.com>
平佐􁴕修􁴕様
これまで連絡いただきました件については、学校と連絡を取り合い、相談しながら支援しているところです。
学校におきましては、多くの目で子どもたちを見守り、学校体制で指導にあたっているところではありますが、お子さんの不安な気持ちを受け止め、今後の指導について相談させていただくためにも、学校に詳細をお伝えいただきますようお願いいたします.
いじめも含め、学校で起きた生徒指導上の問題については、日常的に子どもを見守り、その状況を把握している学校が対応することが原則であり、教育委員会といたしましては、お子さんにかかわる学校の対応について、今後とも連携を図りながら支援してまいります。
􁴕また、先日も学校長を通じてお伝えしていたところですが、この件にかかわる御相談や御要望について、お目にかかり直接お話をうかがいたいたいと考えております。ついては、日時など、御都合をご連絡くださるようお願いいたします。
札幌市教育委員会􁴕指導室
(.211−3861)
 …で、ご担当の「名無し様」は相変わらず「学校と連絡を取り合い、相談しながら支援」などとピントのずれたことを仰るが、直接「 この件にかかわる御相談や御要望について、お目にかかり直接お話をうかがいたいたいと考えております。」とか言ってきた。
 「先日も学校長を通じてお伝えしていたところですが、」とかアリバイ作りをしているが、校長には教育委員会の連絡を「聞かないことにします。」と伝え、前述のように教育委員会には「校長を連絡代わりに使うことは止めろ」と言ってきた。
 ようやくその意味を理解したと思える…いや、大津の件が「大事件」になったので、些細な内容でも「対応しておいた方がいい」との損得勘定が働いたのかも知れない。
 なぜなら、相変わらず「御相談や御要望」などという問題意識に欠けた言葉を使い、私の「教育委員会の責任要求発言」に対する言及がない。
 「直接連絡」もそうなのだが、学校を介さないで連絡をしたことは、「いじめに関し
て、教育委員会が直接保護者に対応しなければならない前例」となる可能性があるのだ。
 「事なかれ主義の隠蔽体質」教育委員会としては「直接の対応」はしたいことではなく、「学校(教師)に対処・対応させる」ことが崩された訳である。
 札幌市内の保護者は、「いじめ」を感じたら「いじめ対処は教師の仕事ではない」と考え、直接「責任ある教育委員会」へ連絡することをお勧めする。(続

 

    ** 063-0034 札幌市西区西野4条9丁目4-38-201 **
    ** Tel&Fax 011-671-5363 **
    ** 携 帯 090-5229-6992 **
 


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com

PTA組織の解体