平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
すてきになったぞ!上級編

音楽講座各種  プログラム 

はじめに-1 上級編-1 上級編-2 上級編-3 上級編-4
上級編-5 上級編-6 上級編-7    
「ギター質問コーナ        

 

【すてきになったぞ!上級編】
「消音はギタリストの良心-3」

 BもP指を使って消音しますが、ここでは消音する弦がとなりの弦ではないので“弾弦と同時”の消音はできません。このように離れた弦を消音するときは、4弦のラを“弾いた直後に6弦に触れる”ことで消音します。
 この消音方法は最も多く使われるので、その基本動作の練習をしておきましょう。

●譜例-2ab



 譜例-2aは4弦と5弦を使った練習です。3拍目の*印のついたレを弾いた直後、5弦に触れて消音します。消音はほんの瞬間5弦に触れるだけです。消音したあとに、また4弦を弾かなければならないのですから、5弦にP指を置いたままにはしないようにしましょう。
 今は弾いた弦より低い弦の消音を目標にしていますが、ひょっとして2小節目のラを弾いたときに“音が濁る”と感じた人もいると思います。ここでも5弦を弾いた直後に4弦に触れて消音するのですが、同じ方法で4弦に触れていては、どんなに運動機能にすぐれた人でも混乱し、筋肉を緊張させ続ける崩れたフォームになってしまいます。
 ここでは2小節1拍目の5弦を弾くときに“アポヤンド”すると、無理なく消音す
ることができます。ただし、アポヤンドとアルアイレ(アライレ)奏法を、大きなフ
ォームの変更をしないでできる右手を作ることが必要です。
 しばしば論争を見る「アポヤンドとアルアイレ」は、どちらもそれぞれのタッチの
重要性や有利性を主張しているのですから、その両方を自在に使える手の機能やフォームを身に着ければいいことです。「アポヤンドとアルアイレ」については回を改めますが、どちらの奏法でも“音質(音色)”の差を感じさせないタッチが必要なだけです。
 はじめはAndanteでも、4拍目のレを弾くのが遅れ気味になるかも知れません。あまり筋肉を緊張させないで弾けるテンポで始め、4分音符Allegro(MM=120)以上でも的確に消音できるようになりましょう。

 Cはちょっとやっかいです。楽譜上は、C位置の1弦ミを弾くと同時に、P指を5弦
に触れればバス音は消音できます。ところが、メロディーのレ-ド-シ-ラ-ソ-ファ♯
というパセージ(走句/音階)を弾くと、4弦でも6弦でも“倍音”が盛大に出てき
ます。もちろん弾いた5弦からも、3弦からも倍音が出ています。
 ためしに、バス音をナシでその音階を弾いてみてください。
 いかがですか? 何だかわからないけど色んな音が鳴っているでしょう。これを消音するとなると、いったい何本の指が必要でしょう?
 ちょっとクイズめいてしまいましたが、先ずパッセージを弾いているうちは消音は
必要ありません。ピアノでもペダルを踏み、ダンパー(消音のための器具)を上げたままパッセージを弾くことが少なくなく、倍音を利用してパッセージが豊かな響きになることを意図するのです。
 消音が必要なのはCのヶ所で、1拍目の音を弾いたときにEmの響きに濁りを作らないための消音になります。ここの場合は両手を使います。
 まずCの1拍オモテに出す1弦のミを弾く直前(前のファ♯の音価を使わない)に
1,2,3弦に弾弦する指を同時にタッチします。そうすると3弦の倍音は消えるこ
とになり、残るは4,5,6弦の音(倍音)になります。
 1拍目の音にはP指を使いませんから(使っても良いのですが、右手の運指が小節内で複雑になりますから、譜例に示したようにP指は使わないほうがいいです)P指を使って消音をするのですが、せいぜい4,5弦に触れるくらいが精一杯です。
 そこで、1拍目Emでは弦を押える必要のない、左手のいずれかの指を6弦に触れるのです。どの指を使うと有利かは、指の機能訓練の度合いで違いますが、たいてい3指が触れやすいようです。
 3指は2拍目で1弦を押えるので、一番遠くの6弦に使うのは相応しくないように
思えますが、3指が最もコントロールしやすい指になるようです。
 それでは3指を4弦に触れて、P指を5,6弦に触れるのはどうかというと、やっ
てみるとすぐに解るように、この音の流れでは3指は4弦を狙いづらい指になっています。もちろん違和感なく使えれば、それでもOKです。

 以上の3パターンの消音法を習得することで、消音の方法はすべてに応用可能です。最も大切なのは“消音しなければならないヶ所”を見つけられるようになることで、読譜力を高め、音の濁りを感じられる耳を作るように心がけましょう。(続)

[ ** 平佐 修 **
** 063-0034 札幌市西区西野4条9丁目4-38-201 **
** Tel&Fax 011-671-5363 **

** <<hirasa-quit@mbm.nifty.com>> **