平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
万年六糸坊写真館  





ヴァロールクインテット 

 



3月18日(土) 札幌 ザ・ルーテルホール
19時開演(18時30分開場)

曲目は
組曲「田園写景」 S.ファルボ
小組曲      C.ドビュッシー

シャンソン特集  平佐 修(編)
スペイン組曲   C.マンドニコ

あとアンコールとサプライズで2〜3曲
全てマンドリン4重奏+ギターでの演奏です。


ヴァロールクインテット プロフィール


ヴァロールクインテット 


1999年、在京のマンドリンオーケストラ「ビアンカフィオーリ」のメンバーの中
から選抜して、現在の前身であるヴァロールマンドリン四重奏団を結成。3年連続し
て東京で開催されていた「マンドリン室内楽の集い」に参加。3年目に藤掛廣幸氏よ
り曲の献呈を受ける。
2004年、ギターを加えてヴァロールクインテットとして発足。
2004年12月に1st.CD「ペロータ」を発売。
2005年2月にCD発売記念コンサートを開催。
2005年12月には長野公演開催。
2006年、平佐修氏より献呈曲「3 Capriccio]を受けて、初めての札幌公演に臨
む。
その他、依頼演奏なども積極的に行っている。

付記(平佐修 記)
ヴァロールクインテットの母体であるマンドリンオーケストラ「ビアンカフィオー
リ」には、ヴァロールクインテットのほかトリオやカルテットなど複数の小編成アン
サンブルが在籍しており、国内でも最も多様な演奏活動を行っている。

ヴァロールクインテットのリーダー:井口祐一氏は、札幌のマンドリンオーケスト
ラ「ムジカクラシカ“T”」のトレーナーを3年つとめ、マンドローネ(マンドリン
属の低音楽器)パートの奏者としても「ムジカクラシカ“T”」に招かれている。

札幌公演では、マンドリン合奏曲のスタンダードのほか、平佐修作曲の献呈曲「3Capriccio]全曲と、
平佐修編曲のシャンソン3曲(「失われた恋」「セ・シ・ボン」「サンジャンの私の恋人」)も演奏される。

当日は各演奏者がモダンとオールドの楽器を持ち替えて、演奏曲に合わせたサウン
ド作りをします。ちなみにギターは、モダン(普通のギター)とオールド〔ラコート)
を持ち替え演奏しました。。
 


楽しい打ち上げです〜!