平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
釣り竿読売新聞2003年1月18日夕刊掲載

 

万年 六糸坊
 

 

「つり竿ー2」(読売新聞2003年1月18日夕刊掲載)


 清流のヤマベ釣りの一つに“薮釣り”という釣り方がある。
 「何もそんな薮にまで入り込んで釣りをしなくても」と眉をひそめられそうな釣りではあるが、釣ることが難しい故に釣り上げたときの充足感は、竿を自由に繰れる川では味わえないものがある。
 川は小さいので立ち込むことができず、釣り人が多く入る川のような川岸の踏み分け道もない。ウエダーも竿も仕掛けもクモの巣だらけにして常に足音をしのばせて歩くので、一日にせいぜい二〜三キロしか歩けない。
 竿は長くても二・五メートルで仕掛けは二メートル以下だが、それでも竿を繰るのが難しい。雑草や木の枝などの障害物がないポイントは皆無で、ぬかるみに足を取られると抜き出すのに一苦労である。
 主に餌を使うが、毛針の方が流れにのせやすい。合わせそこなうと間違いなく鈎を障害物にひっかけるので、用意した鈎が残り少なくなると、そこの魚はあきらめて鈎はずしにかかる。たいていは小さなポイントなので、複数の魚が入っているとは考えづらいからでもある。当然釣果はそれ程多くは期待できないが、川の規模からはあてにしていないサイズに出会うことがある。夏の頃には、十五〜二○センチほどの良型がよくでる。
そんな川は札幌近郊にはないが、川名は記さない。渓流や清流は、基本的に釣り場を教わるものではなく、自分の足で見つけるものと思う。そして、魚は釣れても釣れなくても、楽しさが目減りしないのがこの釣りでもある。

つり竿ー2

つり竿ー1

つり竿ー11
つり竿ー2 つり竿ー12
つり竿ー3 つり竿ー13
つり竿ー4 つり竿ー14
つり竿ー5 つり竿ー15
つり竿ー6 つり竿ー16
つり竿ー7 つり竿ー17
つり竿ー8 つり竿ー18
つり竿ー9 つり竿ー19
つり竿ー10 つり竿ー20
つり竿ー21 つり竿ー31
つり竿ー22 つり竿ー32
つり竿ー23 つり竿ー33
つり竿ー24 つり竿ー34
つり竿ー25 つり竿ー35
つり竿ー26 つり竿ー36
つり竿ー27 つり竿ー37
つり竿ー28 つり竿ー38
つり竿ー29 つり竿ー39
つり竿ー30 つり竿ー40
   
つり竿ー41 つり竿ー47
つり竿ー42 つり竿ー48
つり竿ー43 つり竿ー49
つり竿ー44 つり竿ー50
つり竿ー45 つり竿ー51
つり竿ー46 つり竿ー52